2019年01月21日

1年生 数学(前回の続き)

IMG_8569.jpg

IMG_8576.jpg

IMG_8579.jpg

IMG_8582.jpg

IMG_8583.jpg

IMG_8587.jpg

IMG_8586.jpg

IMG_8588.jpg

1月15日の1年生の数学の様子です。
前時、正多面体の種類は5つあり、それらの頂点や辺、面の数を学習しました。
今日は、その振り返りを書いたあと、ペアで説明をしあいました。

その後、教師が次の問いを投げかけました
①5つのサイコロは、正多面体と言えるか。
②正多面体は5つしかないことを、モデルを使って説明せよ。


6人で協同学習をして、あちこちから、「わかった!!」という声が飛び交い、とても生き生きとした授業でした。
最後には、2つの問いに答えを出すことができました。


また、正二十面体を見た時、「サッカーボールに近い」とつぶやいた生徒がいました。
そこで、最後の後ろに映っているように、岐阜県中数研の学習ソフトを見せたところ、正多面体を切ったものが、サッカーボール(準正多面体)になることに気づいていました。
posted by 佐見中学校 at 07:00| 授業 | 更新情報をチェックする